Toggle 検索

  1. Home
  2. ニュース&メディア
  3. プレスリリース
  4. ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランが成長を推進

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランが成長を推進

、「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」の 2012年の進捗を発表しました。

※英国・オランダ本社リリース参考訳

※公式リリースはユニリーバ本社サイトをご覧ください。

ロンドン/ロッテルダム発:ユニリーバは、「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」の 2012年の進捗を発表しました。その中では、サステナビリティと成長の両立をめざすビジネスモデルが、売上成長、コスト削減、リスク低減につながっていることが示されています。

2012 年にはサステナビリティを中心に据えたブランドや新製品が売上成長に貢献しました:

  • 石鹸ブランドの「ライフボーイ」は、下痢や肺炎といった病気から子どもたちを守る手洗い啓発プログラムを 広めながら、過去3年間、売上が2桁成長しました。
  • 「ダヴ」や「トレセメ」のドライシャンプーは、お湯を使った洗髪に比べて温室効果ガスの排出を 90%削減し ながら、2012 年に売上が 20%近く成長しました。
  • アイスクリームブランドの「マックス」や「パドルポップ」は、カロリーを抑えた子ども向けアイスクリームの売上 が 2012 年、2桁成長しました。

ユニリーバは、メガ・ブランドの戦略とサステナビリティの統合を加速させています。たとえば、世界での売上が30 億ユーロを超え、当社最大のパーソナルケア・ブランドである「ダヴ」は、2012 年、若い世代の方々が自分にもっと自信が持てるよう支援する「ダヴ セルフエスティームプログラム」を再設計しました。先週新しい「リアル・ビューティ」キャンペーンを開始したところ、わずか数日間で YouTube での再生回数が 1,000 万回を超えました。また、食品ブランドの「クノール」*では、持続可能な農法で育てられた原材料を使っていること示すラベルをパッケージにつけた製品を初めて発売しました。他にも多くの新製品を予定しています。

さらに、ユニリーバの工場でのエネルギー使用、水使用、廃棄物を削減した結果、環境効率を向上させながら、2008 年に比べて3億ユーロ以上のコスト削減を実現できました。また、製品の原材料となる農産物の持続可能な調達を 2010 年から 2012 年までで 14%から 36%に増やし、食糧価格が不安定な中でもリスクを低減させました。

最高経営責任者ポール・ポールマンのコメント:

「サステナビリティは、成長の好循環に貢献しています。当社の製品が社会的ニーズを満たし、サステナブルな暮らしを支えるようになればなるほど、ブランドが支持され、ビジネスが成長するのです。そして、エネルギーや原材料といった資源を効率的に使えば使うほど、コストやリスクが下がり、サステナブルな製品やブランドへの投資ができるようになるのです。

関連リンク

報道関係の皆様からのお問い合わせ

ユニリーバ・ジャパン 
コミュニケーション
〒153-8578 東京都目黒区上目黒2-1-1

TEL : 03-5723-2213
FAX : 03-3719-4409

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る