レセナ 出荷本数350万本突破!

「レセナ ドライシールド」の秋冬の販売促進活動の一環として、新作CM を2010年10月18日(月)よりオンエアいたします。

Rexena(レセナ) 発売から約6ヶ月間で出荷本数350万本突破!

ユニリーバ・ジャパンの制汗剤「Rexena(レセナ) ドライシールド」は、今年(2月15日)の発売以来、約6ヶ月間で出荷本数が350万本を突破*1しました。この背景には、最大の製品特徴である「朝の1スプレーで1日中ドライ感が続く」という「高い制汗効果」が、異例の猛暑の中、不快な汗を抑えたいという多くの女性のニーズを満たしていると推測されます。

また近年、体から衣類、部屋にいたるまで、ニオイをケアする新商品が次々と登場するなど、ニオイに対する意識が高まっています。ユニリーバでは、さらに秋冬の季節も、日常のエチケットとして制汗剤を通年で利用することで、快適なニオイケアを提案していきます。

“プレケア“の新習慣を提案。制汗有効成分 *2  約2.5倍!

ユニリーバの調査によると、日本人女性の7割以上が自分のワキのニオイに気づいている一方でデオドラント製品の効果に満足せず約7割の女性が1日に何度も付け直しをしていることがわかりました*4。

ニオイの原因のひとつは、バクテリアのエサとなる“汗”です。汗そのものにニオイはありませんが、汗を放っておくことでバクテリアが増殖し、ニオイが発生するのです。そのため、ニオイが発生した後のニオイ対策よりも、ニオイの根本原因である汗がでる前に抑えること、つまり“プレケア”こそがニオイ対策として有効といえます。

そこで「レセナ」は、5年もの歳月をかけて世界的規模の調査・研究を行い、「レセナ ドライシールド」を開発しました。そして今年から、噴霧される制汗有効成分「ドライシールドパウダー*2」を約2.5倍*3 に増やした、プレケアタイプの制汗剤 「レセナ ドライシールド」を日本でも発売しています。お出かけ前の1スプレーでニオイの元となる汗を抑え、付け直しをしなくても1日中ドライ感をキープする高い制汗効果を実現しています。 スプレータイプに加えて、直接ぬれるスティックタイプも発売中です。

*1 2010.2.15- 2010.8.31 パウダースプレー・パウダースティック出荷数の合算:ユニリーバ調べ *2 クロルヒドロキシAl

*3 噴射時の有効成分量を当社従来品と比較 *4 ユニリーバ調べ

関連リンク

この件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先:

レセナPR事務局
TEL : 03-5771-9963

トップに戻る