1. Home
  2. ...
  3. プレスリリース
  4. 日本初のバイクシェアリングをサポート

日本初のバイクシェアリングをサポート

日本初の自転車によるバイクシェアリングの公共交通サービス「シクロシティ富山」を、パートナー企業として、導入初日となる2010年3月20日(土)よりサポートいたします。

バイクシェアリングについて

バイクシェアリングは、利用者が事前に登録を済ませることにより、各所に設置された「ステーション」から自由に自転車を利用し、また任意にステーションに返却することができる、新しい交通サービスです。「コミュニティサイクル」や「自転車市民共同利用システム」、「大規模レンタルサイクル」とも呼ばれ、環境にやさしい自転車による公共交通として近年注目されています。海外ではパリ市の「Velib’(ヴェリブ)」など欧州を中心に普及が進んでいますが、日本では各地で社会実験などの取り組みが始まった段階です。日本において本サービスが本格的に導入されるのは富山市が初めてとなります。

富山市のバイクシェアリングによる公共交通サービス 「シクロシティ富山」の概要

シクロシティ(株)が富山市とバイクシェアリングの契約を結び、市内中心部15カ所にステーションと計150台の自転車を設置します。さらに、市内各所に地図や市政情報を提供するパネルを整備します。それらの自転車の車体やパネルに掲出する広告からの収入を運営費用の一部に充当することで、市民サービスの向上とともに、利用者の負担軽減を実現します。

ユニリーバは、毎日の行動の積み重ねが、より良い未来を創る大きな力となることを信じて、ビジネスの成長だけでなく、環境に配慮した新しいビジネスモデルの構築とその推進を積極的に進めております。都市生活をさらに楽しく快適にしながら環境負荷の軽減にもつながる「シクロシティ富山」の取り組みに賛同し、パートナー企業として、サービスの導入初日より、市内15カ所のシクロシティステーションや150台の自転車の車体への広告掲出を通じて、新サービスをサポートいたします。

関連リンク

さらに詳しい情報はこちら

報道関係の皆様からのお問い合わせ

ユニリーバ・ジャパン 
コミュニケーション
〒153-8578 東京都目黒区上目黒2-1-1

TEL : 03-5723-2213
FAX : 03-3719-4409

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る