ユニリーバ世界子供アートプロジェクト代表作品決定

ニリーバ世界子供アートプロジェクト代表作品が決まりました。

ユニリーバ世界子供アートプロジェクト 代表作品決定

世界最大級の消費財メーカー「ユニリーバ」(本社:ロンドン、ロッテルダム)は、イギリスの国立美術館である テート美術館とともに、「ユニリーバ世界子供アートプロジェクト」を実施しています。

このプロジェクトでは、子供たちが楽しく創造性を発揮し、世界に対する理解を深めることを願って、 毎年ひとつのテーマを設け、子供たちから絵画や、彫刻など創造性あふれるアート作品を募っています。

プロジェクトは2001年から開始し、これまでに世界55カ国、125,000人を超える子どもたちから、 個性豊かなアート作品をご応募いただいてきました。

ご応募いただいた作品のなかから特に優秀な作品は代表作品として選出され、 作者はロンドンの授賞式へ招待されるとともに、作品は世界有数の現代美術館であるテート・モダン美術館 (イギリス ロンドン)に展示されます。

2007年度の応募につきましては、世界各国から数千通のご応募をいただき、日本から神奈川県川崎市の 日隈有木(ヒグマ アキ)さん(10歳)の「それぞれの世界をつなぐ一本の木」が代表作品のひとつとして選ばれました。 日隈有木さんは 2008年3月26日のテート・モダン美術館での授賞式に参加されます。

関連リンク

さらに詳しい情報はこちら

世界子供アートプロジェクト代表作品決定

報道関係の皆様からのお問い合わせ

ユニリーバ・ジャパン 
コミュニケーション
〒153-8578 東京都目黒区上目黒2-1-1

TEL : 03-5723-2213
FAX : 03-3719-4409

トップに戻る