1. Home
  2. ...
  3. Press releases
  4. CO2排出量削減へ

CO2排出量削減へ

営業車をハイブリッド車へ切り替え CO2(二酸化炭素)排出量削減へ

CO2(二酸化炭素)排出量 削減へ

世界最大級の消費財メーカー、ユニリーバの日本法人、ユニリーバ・ジャパン株式会社(東京目黒区・代表取締役社長:上垣内猛)は、環境問題に対する企業の取り組みの一環として、事業活動により排出するCO2(二酸化炭素)削減の検討を進めてまいりましたが、本年9月より営業活動に使用する全ての営業車を電気モーターとガソリンエンジンを併用したハイブリッド車(トヨタ プリウス)へ切り替え始めることを決定いたしました。

世界規模でCO2(二酸化炭素)削減が重要視されるなか、弊社では削減のための具体的な施策について検討を続けておりましたが、この度、1台あたりの年間走行距離が平均約15,000Kmを超える営業用社用車を、業界に先駆けてハイブリッド車 (トヨタ プリウス)へ切り替えることにしたものです。この切り替えにより、CO2排出量を現行の営業車よりも約半分に削減できることが推定されます。切り替えは本年9月より、現行のリース期間が終了する車から順次実施していく予定です。対象車両は寒冷地で使用している4WD車を除く79台を予定しています。

ユニリーバでは、今後も環境への負荷を軽減する取り組みを進めてまいりたいと考えております。

関連リンク

さらに詳しい情報はこちら

報道関係の皆様からのお問い合わせ

ユニリーバ・ジャパン 
コミュニケーション
〒153-8578 東京都目黒区上目黒2-1-1

TEL : 03-5723-2213
FAX : 03-3719-4409

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る

Unileverとつながる

Unileverと同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

Unileverと専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ