スキップ 内容

気候変動へのアクション

ユニリーバは、2030年までに自社からのCO2排出量ゼロ、2039年までに原料調達から販売までのすべての過程でCO2排出量実質ゼロをめざしています。ユニリーバ・ジャパンでは、100%再生可能エネルギーを使用しています*1

自然エネルギー イメージ

CO2排出量実質ゼロへ

気候変動は、すでに世界各地で多くの人々の暮らしに影響を及ぼしています。このまま気候変動が進めば、海面の上昇や自然災害の増加、生態系の破壊、食糧危機などが危惧されます*2。気候危機を避けるためには、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出をゼロに近づけ、地球の平均気温の上昇を1.5℃以下に抑える必要があります。

ユニリーバは、2010年以降、世界中の自社工場からの温室効果ガスを75%削減。全世界で使用するエネルギーの51%を再生可能エネルギーに切り替えました。2020年6月には従来の目標を拡充し、次のような目標を掲げました。世界中でCO2排出量削減や脱炭素化につながる製品の開発・販売、森林伐採をしない持続可能なサプライヤーからの調達、輸送の効率化など、製品ライフサイクル全体を視野に入れて取り組みを進めています。2021年にはCOP26のプリンシパル・パートナーとして脱炭素社会に向けての提言を行いました。ユニリーバの気候変動への目標と取り組みの詳細は、グローバルウェブサイト(英語)をご覧ください。

日本では100%再生可能エネルギーを使用*1

add

ユニリーバ・ジャパンは、2015年11月から、国内のすべての事業所で、グリーン電力証書・グリーン熱証書を利用し、100%再生可能エネルギーを使用しています。2016年には、主力協力工場にも取り組みを広げました。このことで、年間約6,300トンのCO2を削減しました*3。これはユニリーバとしては世界初、また、国内のパーソナルケア業界でも最大規模の取り組みです。ユニリーバ・ジャパンの工場でつくられている製品の一部には、再生可能エネルギーを使用していることの証である「グリーンパワーマーク」を表示しています。

さらに、ユニリーバ・ジャパンでは、再生可能エネルギーに100%切り替えた後も、自社工場での生産1トンあたりのエネルギー使用量を減らせるよう、生産の効率化を続けています。空圧機器メーカーとのパートナーシップのもと、省エネ診断を実施し、部品の省エネ化や設備配管からの蒸気漏れを改善したり、蛍光灯の間引きやLED照明への置き換えたりと、小さな工夫を積み重ね、電力やガスの使用量を減らしています。また、機械で空気を圧縮する際に出る排熱を回収して活用したり、洗浄水を濾過して再利用するなど、資源を有効に活用する取り組みも推進しています。

[*1]

日本国内の全事業所および主力協力工場で使用するエネルギー約858万kWh分を、グリーン電力証書・Jクレジットを利用して100%再生可能エネルギーに切替。使用エネルギー量は2021年実績に基づき算出。

[*3]

日本国内の全事業所および主力協力工場でのエネルギー使用量(2021年実績)に基づき算出。

トップへ戻る