スキップ 内容

ユニリーバ・ジャパン 場所を変更する


ブランドを通じて社会に変化を

ステレオタイプや社会規範は、人々のマインドセットや行動に大きな影響を及ぼします。それはときに人々が自分らしく生きることを阻む、目に見えない壁になります。

自分らしい一歩を踏み出す勇気を


ユニリーバは、2016年、広告からあらゆるステレオタイプをなくす♯UNSTEREOTYPEをスタート。UNWomenが主導するアンステレオタイプ・アライアンスの創立メンバーとして業界全体の変化を促してきました。さらに、2021年3月には、ビューティ&パーソナルケアの新しいビジョン「ポジティブビューティ」を発表し、ブランド、製品および広告などのコミュニケーションをよりインクルーシブにしていくことを約束しました。日本でも、パーパス(目的・存在意義)を持つブランドを通じて社会のステレオタイプに問いを立て、自分らしく一歩踏み出すことを応援しています。

ダヴ:あなたらしさが、美しさ

ダヴ:あなたらしさが、美しさ

ダヴのパーパスは、すべての人が自分の美しさに気づくきっかけをつくること。美しさの定義を広げ、自己肯定感を高める活動を続けてきました。ダヴは、ありのままの美しさを表現するため、世界中の広告で一切画像加工をしていません。ダヴ、Getty Images、Girlgazeによる「#ShowUs / #美しさって?」キャンペーンでは、さまざまな美しさを持つ女性やノンバイナリージェンダーの画像1万点以上を紹介しています。

日本のダヴでも、自己肯定感を高めるワークショップ「大好きなわたし~Free Being Me~」をのべ2万人以上の子どもたちに提供。その功績が認められ、文部科学省が主催する「令和2年度 青少年の体験活動推進企業表彰」で「審査員会優秀賞」を受賞しました。

ラックス: 私をすすめるのは、私。

ラックス: 私をすすめるのは、私。

ラックスは、履歴書から性別欄・写真・ファーストネームをなくして大きな社会的反響を呼んだLUX Social Damage Care Projectに続き、2021年9月、新しいビジョン「LUXBRAVE VISION 2030」を発表しました。自分自身を美しいと思える、一歩踏みだす勇気につながるような製品をお届けするとともに、社会に潜む「美しさ」に関する固定観念一つひとつに問いを立て、 世の中に選択肢を増やしていくことで、すべての女性がなりたい自分への一歩を踏みだす勇気に溢れた社会を目指しています。