スキップ 内容

ユニリーバ・ジャパン 場所を変更する


ユニリーバ・ジャパン、プラスチック製アテンションシールの廃止を推進

プラスチック製アテンションシール有りと無しのユニリーバ製品を並べて比較

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(本社東京都目黒区、代表取締役社長サンジェイ・サチュデヴァ)は、製品に添付しているプラスチック製のアテンションシールを順次廃止していきます。まずは「ラックス」「ダヴ」「クリア」などの主力ブランドから着手し、すべてのブランドで廃止することを目指します。これは、ユニリーバが世界中で推進する「ユニリーバ・コンパス」の注力分野の一つ「ごみのない世界」の実現に向けての新たな取り組みです。

ユニリーバは、「サステナビリティを暮らしの“あたりまえ”に」というパーパスのもと、世界共通の成長戦略「ユニリーバ・コンパス」を策定し、環境・社会・経済にまたがる3つの分野で約30の数値目標を掲げています。プラスチックについては、2025年までに「非再生プラスチックの使用量を半減する(絶対量で10万トン削減)「使用するプラスチックの25%を再生プラスチックにする」「プラスチックパッケージを100%再利用可能・リサイクル可能・堆肥化可能にする」「販売する量よりも多くのプラスチックパッケージの回収・再生を支援する」ことをコミットメントとして掲げました。

日本でも、この目標の実現に向けて、非再生プラスチックの使用量削減や資源循環に大きく貢献できると思われる分野を中心に、さまざまな取り組みを進めてまいりました。これには、「ラックス」「ダヴ」「クリア」などのパッケージの再生プラスチックへの切替(2019 年下期~、現在までにPET 製ボトルはすべて再生 PET に切替完了)、単一素材のフィルムパッケージの採用(2020 年 9 月、2021 年 4 月)、お得にエコ活ができるポイントプログラム「UMILE(ユーマイル)プログラム」(2020 年 11 月~)、シャンプーやボディウォッシュの量り売り「ユニリーバリフィルステーション」(2021 年 2 月~)、使用済み容器の協働回収「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」(2021 年 6 月~)などが含まれます。これらの取り組みに加え、プラスチック製アテンションシールの廃止を進めることで、さらなるプラスチックの使用量削減に努め、日本のプラスチックごみの削減に貢献してまいります。

ユニリーバ・ジャパンは、今後も社外のパートナーの皆さまとともに、プラスチックがごみにならない循環型社会への早期実現を目指してまいります。ユニリーバのプラスチックにかかわる取り組みの詳細は、こちらをご覧ください。

※1 一部製品を除く。廃棄によるごみの発生を防ぐため、物流・店頭の在庫が無くなるまで販売は継続します。