「LUX Social Damage Care Project」始動

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長&CEO:サンジェイ・サチュデヴァ)が展開するヘアケアブランド「LUX(ラックス)」は、無意識に生じる性別への先入観について、社会に気づきを発信しながら、それを実際に取り除くアクションを起こしていく「LUX Social Damage Care Project(ラックス ソーシャルダメージケア プロジェクト)」を始動します。ラックスが行ったアンケート調査*1によると、約4人に1人が「採用過程において、男性と女性が平等に扱われていない」と感じています。そこで、本プロジェクトの第一弾として、2020年度の採用活動より、ユニリーバ・ジャパンの全ての採用選考の過程で、顔写真の提出や応募者への性別に関する一切の項目を排除していき、個人の適性や能力のみに焦点を当てた採用をしていくことを決めました。

Lux SDCP Key image

ラックスは、女性が理想の自分に近づくために社会のルールや固定観念に囚われることなく、自分らしく輝くためのサポートをすることをブランドフィロソフィーに掲げています。2019年より“SHINE WITH NO LIMITS-女性の輝きに、限界なんてない-”というメッセージを発信し、現代社会を生きる女性が、より生きやすく、より自分らしく輝ける未来を目指しています。

しかし、今の社会は性別に関係なく輝けるような環境だと言い切れるでしょうか?ラックスが、採用の書類審査を担当することがある会社員、会社経営者424名にアンケート調査*1を実施したところ、約4人に1人が、「採用過程において、男性と女性が平等に扱われていない」と感じていることが分かりました。さらに、採用時において、性別への先入観が無意識に存在することや、履歴書のスクリーニングの段階で、履歴書に貼る写真が、合否に影響していることも分かりました。

そこでラックスは、「LUX Social Damage Care Project」を立ち上げました。ラックスがケアするのは髪だけではない。生き方のすべてなのだと改めて定義し、女性と社会のもっとなめらかな関係づくりをサポートするプロジェクトです。その第一弾として、社会で無意識に生じる性別や容姿への先入観を取り払うべく、新しい採用活動を、この活動に賛同いただいた人材会社のパートナー企業と共にスタートします。具体的には、2020年3月6日の採用選考から、性別に関する項目や顔写真の提出を排除していき、個人の適性や能力のみに焦点を当てた採用活動を、新卒・中途・いかなる採用ルートでも徹底していきます。

*1【調査概要】調査地域:全国 / 対象者条件:現在、企業における従業員もしくは自身の所属部署の採用において、書類審査を担当することがある会社員、会社経営者 / 調査手法:インターネット調査 / 実査期間:2020年1月24日~28日 / サンプル数:424人

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
ラックス ブランドマネージャー 河田瑶子

「ラックスは、女性が社会のルールや固定概念にとらわれることなく、自分らしく輝くことをサポートするビューティーケアブランドです。本プロジェクトを通じて、少しでも多くの方々が、日本社会/自分の周り/そして自分の中にあるかもしれない、性別に対する固定観念について、考えるきっかけになることを願っています。また、きっかけ作りにとどまらず、ラックス/ユニリーバ・ジャパンが採用過程においてアクションを起こすことで、日本社会に新たなムーブメントが起こり、より性別に関係なく輝ける未来になればと考えています。」

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
取締役人事総務本部長 島田由香

「今回のプロジェクトは、弊社にとって無意識に生じる性別への先入観を取り払うはじめの一歩であると同時に、日本社会全体に変革をもたらす一歩でもあると考えています。本プロジェクトが実現するまでに、性別への先入観による採用や職場環境でのさまざまな弊害を洗い出し、改善に向け議論を重ねてきました。今後、多くの方がラックスのプロジェクトに共感し、性別を超えだれもが活躍できることが当たり前な社会になるように継続して取り組んで参ります。」

株式会社ビズリーチ
執行役員 兼 HRMOS事業部 事業部長 古野了大

「この画期的なプロジェクトに採用パートナーとして参画できることは大変光栄なことです。 当社は、HRMOS採用やビズリーチ等の事業を通じて約13,000社の企業をご支援してまいりましたが、候補者に性別に関する質問を一切しない選考を導入しているケースはとても珍しく、先進的です。すべての人が『自分の可能性』を信じられる社会にむけて、変革を推進する本取り組みが国内外の企業に広がっていくことを期待します。」

Lux SDCP Partners

LUX Social Damage Care Project: 採用篇

動画:https://youtu.be/s88mfuGvWGE

キャンペーンページ:http://www.lux.co.jp/campaign/lux_socialdamagecare/

ハフポスト日本版との取り組みについて

ラックスは、社会に対するオピニオンやメッセージを発信するメディア「ハフポスト日本版」と共に、「いたみに気づけば、世界は変わる」というメッセージを掲げ、女性が感じてきた“見えない壁“に対する気づきを発信していくキャンペーンを実施します。3月6日(金)より、同メディアにて特集カテゴリー『私の壁見えてますか』をオープンし、女性をはじめ、全ての人が性別に捉われず、自分らしく輝くためのタイアップ記事を公開。公開第一弾は、「職業に、性別はない」というテーマで、ファッションモデルの冨永愛さんとカーレーサー兼、実業家としている井原慶子さんが対談を行った記事を掲載します。
『私の壁見えてますか』カテゴリー : www.huffingtonpost.jp/news/invisible-wall/

ラックスについて

ラックス・ヘアは1989年の「ラックス スーパーリッチ」の発売から今年で31周年を迎えます。多くの国や地域で販売され、日本でもヘアケア市場で5年連続、売上No.1*2を達成しています。日本上陸以降、ラックスは常に日本人の“女性らしい美しさ”を追求し、移り変わる時代ごとのヘアケアニーズに応え、髪や肌を美しく輝かせることをサポートしてきました。また、 “SHINE WITH NO LIMITS-女性の輝きに、限界なんてない-”というメッセージを掲げ、現代社会を生きる女性が、より生きやすく、より自分らしく輝ける未来を目指しています。

*2 INTAGE SRI シャンプー・コンディショナー市場2014年10月~2019年12月金額シェアを予定しております。

<消費者からのお問い合わせ先>
ユニリーバ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-500-513
受付時間:9:00 〜 17:00 (土・日・祝日を除く)
ホームページ︓http://www.lux.co.jp

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る

ユニリーバ とつながる

ユニリーバ と同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

ユニリーバ と専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ