新型コロナウイルス感染症への対応

メキシコ・ヒウテペックのデオドラント工場の入り口に掲げられたユニリーバのロゴ

在宅勤務を派遣社員・業務委託常駐社員を含む全社員で実施、所在地・健康状態の毎日の報告を徹底

ユニリーバ・ジャパン(本社東京都目黒区、代表取締役社長サンジェイ・サチュデヴァ)は、新型コロナウイルスに伴う感染症の拡大を受け、2020年1月下旬より順次対策を強化し、現在は次のような対応を実施しております。

1. 勤務体制、対象について

当面の間:

  • 当社の国内拠点の全社員(派遣社員・業務委託常駐社員を含む)で在宅勤務を実施

*工場等一部社員を除く

ユニリーバ・ジャパンでは、働く時間・場所を社員が自由に選べる新しい働き方「WAA」(Work from Anywhere and Anytimeを2016年7月に導入しており、多くの社員が、理由を問わず、期間・日数制限もなく、日常的にリモートワークを実施してきました。WAAについて詳しくはユニリーバ・ジャパンのウェブサイト「新しい働き方」をご覧ください。

2. 各種対策について

  • 出張:海外出張は禁止、国内出張も役員承認を得た場合を除き自粛
  • 会議・イベント・研修等:原則延期・キャンセルまたはオンラインで代替
  • 社外からの来訪:原則延期またはオンライン会議で対応。来訪者がある場合には、過去14日間の海外渡航歴を事前確認、入館前に体温チェック、手洗い、消毒、マスク着用を要請
  • 休暇中の海外渡航:事前に上司に報告の上、帰国後14日間は出社せず健康状態を観察
  • 所在地・健康状態の報告:安否確認システムを通じて毎日全社員が所在地と健康状態を報告
  • 衛生管理:マスク着用含む咳エチケット、手洗い・アルコール除菌等を徹底

3. グローバルでの対応について

  • 当面の間、全世界で在宅勤務、海外出張禁止など感染拡大防止のための対応を実施
  • 世界各地の衛生機関・医療機関に石鹸、消毒液、漂白剤、食品など1億ユーロ(120億円)相当の製品を寄付
  • お取引先やサプライヤーの皆様、従業員の生活を守るため、支払期日の延長や収入補償などの特別措置を実施

※詳しくはユニリーバのグローバル・ウェブサイトおよび「新型コロナ対応支援策として1億ユーロ以上を拠出(グローバルリリース参考訳)」をご覧ください。

今後も社内外への感染被害の抑止と従業員の健康・安全を最優先に、必要な対策をとりながら事業継続を図ってまいります。最新の情報は、このウェブページを順次更新してお知らせいたします。お取引先や関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る

ユニリーバ とつながる

ブランドやサステナビリティについての情報を発信しています。

お問い合わせ

お客様相談室・報道関係のお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ