スキップ 内容

ユニリーバ・ジャパン 場所を変更する


イベント開催日やテーマの表記と登壇者2名の顔写真

オンライン焚火トーク「今後の『自然との共生』のあり方 – サステナブルな取り組み最前線」を2021年12月7日(火)開催

ユニリーバ・ジャパンでは、2021年12月7日(火) 20:00-21:00 にオンライン焚火トーク「今後の『自然との共生』のあり方 – サステナブルな取り組み最前線」と題したオンラインイベントを開催いたします。

イベント概要

キャンプ、秘密基地、人間らしさをテーマに自然の恩恵を生かしたサービスの企画・運営・プロデュースを担う株式会社VILLAGE.INC代表の橋村和徳氏をゲストにお招きし、『自然との共生』と働き方、ワーケーション、モノづくりといった観点から、この価値観変換期を楽しくしなやかに切り開くヒントについてトークセッションを開催します。

自然との共生をめざすモノづくりの事例のひとつとして、“変えたい”を“変える”「CAERUプロジェクト」についても進捗をご報告します。(「CAERUプロジェクト」についてはこちら

  • イベント名:オンライン焚火トーク「 今後の『自然との共生』のあり方 – サステナブルな取り組み最前線」
  • 日時:2021年12月7日(火) 20:00-21:00
  • 場所:オンライン(Zoomウェビナー配信)
  • お申込:2021年12月7日(火)19:30までにこちらから事前登録の上お申込ください。※先着順、定員に達し次第締め切らせていただきます。
  • 登壇者:

橋村和徳(はしむら かずのり)氏 / 株式会社VILLAGE.INC代表

佐賀県唐津市出身。テレビ局3年、ITベンチャー9年の会社勤務を経て2009年に伊豆下田へ移住。たった一人で2年をかけて創り上げた船でしかいけない1日1組のキャンプ場「AQUA VILLAGE」を2011年に開業、2012年に『株式会社VILLAGE INC』(ヴィレッジインク)を設立する。創業以来『何もないけど何でもある』をモットーに、辺境、廃墟を舞台としたアウトドアサービスを核に事業展開する中、現在は多様な企業と連携し共創による事業開発を推し進め、その結果当社の遊休地活用事業が『無人駅&辺境グランピング』とカテゴリー化され、日経トレンディ2021年ヒット予測第1位に選出されるに至る。キャンプ場事業で培った運営力を強みに、今後も全国の遊休資産をさらに活用し、アウトドア、ワーケーション、Eコマースの領域において、新しいワークスタイルを次々と創出していくことを目指している。

島田 由香(しまだ ゆか)/ ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス合同会社 人事総務本部長

Team WAA! 主宰、YeeY Inc. 代表、Delivering Happiness Japan チーフコーチサルタント、Japan Positive Psychology Institute 代表、一般社団法人dialogue 代表理事、 米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLP®トレーナー。ポジティブ心理学プラクティショナー。 1996年慶応義塾大学卒業 2002年米国ニューヨーク州コロンビア大学大学院にて組織心理学修士取得。2014年より現職。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。高校三年生の息子を持つ一児の母親。日本の人事部「HRアワード2016」個人の部・最優秀賞、「国際女性デー|HAPPY WOMAN AWARD 2019 for SDGs」受賞。