企業理念と行動原則

ユニリーバの企業行動原則では、ビジネスの成功のためには、ともに働くすべての人々、コミュニティ、環境に対する最高水準の企業行動規範が必要だと明言されています。

誠実を旨とし、権利を尊重する

私たちは、事業にかかわる多くの人々、組織、環境に対して、誠実を旨とし、敬意を持って事業を行っています。これは、ユニリーバの社会的責任の中核です。

未来のための変化を起こす

ユニリーバは、ブランド、事業活動、取引関係、ボランティア活動など、さまざまなかたちで社会にかかわり、社会によりよい未来のための変化を起こすことを目指しています。

継続的なコミットメント

そして、環境負荷の削減や持続可能なビジネスの開発という長期的な目標への取り組みについても、たゆまずに改善を続けています。

大きな目標を掲げて

ユニリーバは、企業理念の中で、事業活動を行う上での高い目標を掲げています。その基盤となるのが、世界中のすべてのユニリーバ社員の行動の基準を定める「企業行動原則」です。この原則は、コーポレートガバナンスや企業責任の指針でもあります。

パートナーとともに

ユニリーバは、サプライヤーの皆さまにも高い行動規範と価値観に則って行動していただきたいと考えています。そこで、ユニリーバの「企業行動原則」に準じた「サプライヤー行動原則」を設けています。これは、社員、消費者の皆さま、環境に対して誠実で責任のあるビジネスを遂行することを定める11の原則で構成されています。

トップに戻る