Toggle 検索

  1. Home
  2. 企業情報
  3. ユニリーバ基金
  4. セーブ・ザ・チルドレン:世界と日本の子どもを笑顔に
  5. ユニリーバこども笑顔プロジェクト

ユニリーバこども笑顔プロジェクト

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとのパートナーシップのもと、東日本大震災の被災地の子どもたちが安心して自由に遊べる場所や機会を継続的に提供しています。

避難生活をする子どもたちに笑顔を(2011年)

東日本大震災発生直後、多くの子どもたちが避難生活を余儀なくされました。大人が混乱する中、言いたいことやしたいこと、不安・恐怖を誰にも言えずガマンしてしまう子も・・・。ユニリーバでは、避難所への製品提供に加え、クリックやつぶやきが寄付になる「ユニリーバ東日本大震災募金」を通じて、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの緊急支援・復興支援活動をサポート。子どもが子どもらしくいられる場所である「こどもひろば」やおもちゃを提供しました。 また、子どもたちに少しでも楽しい時間を過ごしてもらうため、避難所に劇やワークショップをお届けする「夢とらっく劇場」も支援しました。さらに、ユニリーバ製品の売上の一部が寄付になるキャンペーンを通じて、地震や津波の被害を受けた公園を再建。約2,000人の子どもたちに安心して遊べる場所を提供しました。

福島のこどもたちに笑顔を(2012年~2015年)

stc tohoku volunteer park

福島県の一部の地域では、震災から3年あまりが過ぎた今も、子どもたちが外でのびのびと遊べない状況が続いています。そこで、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンや地域のNPOと協力し、福島の子どもたちに自然の中で思いっきり遊んでもらうキャンプを継続的に実施。300名以上の子どもたちが自然の中でスキーや雪遊び、魚釣り、ゴムボートレース、鬼ごっこなどを楽しみました。福島県の中でも特に豊かな自然環境に恵まれ、比較的線量の低い(都内と同程度)南会津などでキャンプを実施することで、地域の活性化にもつながりました。

復興支援ボランティア(2011年~2015年)

ユニリーバでは、2011年から3か月に1回、社員による復興支援ボランティアを続けています。2014年は、地震や津波の被害を受けて遊具が錆びてしまった公園・幼稚園・保育園の整備や、福島こどもキャンプのボランティアスタッフとして活動しました。また、2014年夏からは、福島の子どもたちのキャンプにも社員が引率スタッフとして参加しています。ボランティアには、これまでにプレジデント&CEOをはじめ、のべ250人の社員が参加しました(日本で勤務する社員の約3人に1人)。

今後もセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとのパートナーシップのもと、現地のニーズに合わせた支援を実施していく予定です。この他、世界各国での取り組みの詳細は、ユニリーバのグローバル・サイト(英語)でご紹介しています。

トップに戻る