「PRIDE指標」で最高評価を獲得

日本初のLGBT*指標「PRIDE指標」において、最高評価の「ゴールド」を獲得しました。

PRIDE指標 最高評価のゴールドマーク

ユニリーバ・ジャパンは、2016年10月26日、任意団体wwP(work with Pride)が日本で初めて策定した、LGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、最高評価の「ゴールド」を受賞しました。

PRIDE指標は、PRIDEの各文字に合わせた5つの評価指標(Policy:行動宣言、Representation :当事者コミュニティ、Inspiration:啓発活動、Development :人事制度・プログラム、Engagement :社会貢献・渉外活動)に沿って企業の取り組みを採点し、総合結果を「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」の三段階で評価するものです。ユニリーバ・ジャパンは、5つの項目全てにおいて高い評価を得ました。

中でも指標2 「Representation:当事者コミュニティ」に関しては、社内にセクハラ、パワハラ、LGBTハラスメント等を含むいかなる懸念についても、電話・メール・FAX・オンラインで、いつでも匿名で相談できる窓口を設けていること、さらに社外の弁護士にも相談できるようにしていることから、ベストプラクティスに選ばれました。

私たちは、誰もがいきいきと自分らしく働き、最大限の能力を発揮することがビジネスに成長をもたらすとの考えから、従来からダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを推進してきました。2016年9月には「ユニリーバ・プライド・ジャパン」を立ち上げ、LGBT*社員のための制度を改めて明文化するとともに、LGBT*支援活動を強化することを決定しました。私たちは今後も「ユニリーバ・プライド・ジャパン」の活動を通じて、LGBT*の方々がより自分らしく働き、暮らせる社会の実現を目指していきます。

* LGBTとは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称の1つです。性的マイノリティ(性的指向、性自認に関するマイノリティ)にはLGBT以外の多様なアイデンティティを持つ方もおられます。

トップに戻る