ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランの目標:

次の項目に進む:

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン

すこやかな暮らし

包括的なビジネス

企業には、富と雇用を創出し、人々のスキルを向上して市場に参画させるという重要な役割があります。私たちは、この役割を担うことができ、そうする責任があります。

玉ねぎの重さを量る農家

ユニリーバは、事業規模を活かして、数百万人の人々をバリューチェーンに迎え入れる機会に恵まれています。たとえば、小規模農家にスキルや市場へのアクセスを提供したり、小規模事業者に製品を販売・拡販していただいたり、若い起業家にトレーニングを支援したりすることができます。

このようにして、強く、健全で、人権や労働者の権利が守られるコミュニティの構築に貢献できます。同時に、製品の市場を拡大し、不安定な市況下でもレジリエンスの高いビジネスモデルを構築できます。

目標と成果

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランの「包括的なビジネス」の取り組みの一環として、550万人の生活を改善するという高い目標を掲げています。

包括的なビジネス

ユニリーバの目標

2020年までに、小規模農家、小規模物流業者、若い起業家の支援を通して、550万人の生活を改善することを目指します。

ユニリーバの実績

外部組織と協力することにより、2006~2015年の間に、約60万人の小規模農家および180万人の小規模小売業者が農業ビジネスを向上したり、売上を伸ばしたりすることを目的としたイニシアチブに参加できるようにしました。

ユニリーバのアプローチ

持続可能な調達をおこなうという当社のコミットメントを介して(特にココア、茶、バニラ)、小規模農家を強化します。農家やその他のパートナーと提携することにより、約60万人の小規模農家が農法改善イニシアチブに参加できるようにしました。小規模農家が農業ビジネスを向上できるように支援し、より高品質な種を入手できるようにし、トレーニングや肥料を提供することにより、プログラムが支援している作物の年間生産量を二倍、または三倍にできることが分かっています。

2015年には、ユニリーバ基金は当社のプログラムの効果を倍増するため、より総合的なアプローチを開始しました。現在、栄養状態、女性、財務的側面に力を入れ、若き農業起業家や持続的な農業の推進に取り組んでいます。「暮らし向上投資イニシアチブ(Enhanced Livelihoods Investment Initiative)」、「栄養介入プログラム(Nutrition Intervention Programme )」、そして「暮らし改善基金(Enhancing Livelihoods Fund)」。新たに締結したこれら3つのパートナーシップがこのアプローチを強化しています。このようなパートナーシップは、100万人の農業従事者の生活を向上していくために2014年に締結したSolidaridadとのパートナーシップを補完しています。

ユニリーバでは、180万人の小規模小売業者が売上を伸ばすことを目的としたイニシアチブに参加できるようにした「パーフェクト・ストア」や、「パーフェクト・ビレッジ」などの既存のプログラムをさらに拡大していきます。また、当社のアイスクリームの移動販売イニシアチブ「アイ・アム・ウォールズ」のあり方を見直し、これを拡大しました。刷新されたこのイニシアチブでは、2020年までに10万人の雇用を創出することを目指しています。これを通して、当社は小規模事業者が生活を向上できるよう支援する一方で、より多くの消費者に当社の製品を届け、ビジネスを成長させることができるでしょう。

インドのシャクティや、ナイジェリアのベンガなど、その他の小規模小売業者向けプログラムも、当社の目標達成に貢献する重要なイニシアチブとなっています。

  • 達成済み:0
  • 計画通り:4
  • 計画に遅れ:0
  • %%目標を達成:0

ユニリーバの目標

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランにおける保証プログラムの詳細については、『Independent Assurance』(英語)をご覧ください。

小規模農家の支援

Ÿユニリーバでは50万軒以上の小規模農家を供給ネットワークに迎えることを目標にしています。今後、小規模農家が農法を改善して競争力を高められるように支援します。これにより、生活の質を向上します。

農業サプライヤーその他のパートナーと協力して、2015年9月までに、約60万軒の小規模農家が農法改善イニシアチブに参加できるようにしました。小規模農家の生活の質を向上できるよう、さらに働きかけていく予定です。

ユニリーバのアプローチ

約60万軒の小規模農家が農法を改善するためのイニシアチブに参加できるようにしたことに加え、私たちが購入している主要な原材料の調達先を特定するため、小規模農家をマッピングしました。

パートナーの協力により、より多くの小規模農家に働きかけられるようになりました。また、2015年には、ユニリーバ基金の下、新たに3つのパートナーシップを締結しました。1つは、ユニリーバ、アキュメンおよびクリントン・ギストラ・エンタープライズとのパートナーシップによる「生活向上投資イニシアチブ」です。これは、6万人の小規模農家の生活を向上させ、約30万人の生活に影響を及ぼすことを目的としています。2つ目は、栄養改善のためのグローバル・アライアンス(GAIN)とのパートナーシップである「栄養介入プログラム」で、ユニリーバのサプライチェーンの80万軒の小規模農家を対象としています。3つ目は、オックスファムおよびフォード財団とのパートナーシップである「生活改善基金」です。小規模農家、労働者、そのコミュニティの生活の改善を目指して、サプライヤーのプロジェクトをマッチングファンドで支援していきます。

「小規模農家がよりよい農法を学び、より高品質な種、トレーニング、肥料を利用できるようにすることで、支援対象の作物の年間生産量を2倍から3倍にまで増やせることが分かっています」

小規模小売業者の支援

ユニリーバの流通ネットワークに500万人の小規模小売業者を迎え、収入を創出・改善します。
(2014年の新目標)

ユニリーバの流通ネットワークに引き続き小規模小売業者を迎えていきます。

ユニリーバのアプローチ

ユニリーバの流通ネットワークに引き続き小規模小売業者を迎え、特に農村部へのリーチを広げていきます。

私たちの流通ネットワークに参加している約180万の小規模小売業者は、彼らの売上を伸ばすことを目的としたパーフェクト・ストア・イニシアチブに参加することができます。100万人以上の小規模小売業者はインドにいます。

これらの小規模小売業者は、ユニリーバの高品質な製品を農村部へ届け、収入を増やしています。私たちは、パーフェクト・ストア・イニシアチブをベースに、パーフェクト・ビレッジ・イニシアティブを始めました。これは、消費者の皆さまや小規模小売業者とともに、コミュニティの衛生状態や健康状態、栄養状態を総合的に良くしていこうという取り組みで、規模を拡大しています。

若い起業家の支援

  • Ÿ バリューチェーンへの若い起業家の参加を増やしています。

若い人々にトレーニングを提供し、世界中の農業ビジネスセクターや流通ネットワークに参入できるようにしています。
(2014年の新目標)

若い人により多くの機会を提供できるよう、アイスクリームの移動販売プログラムを見直しました。農業セクターでは、ソーストラストと提携し、若い起業家を支援する新しいプロジェクトをガーナで試験的に開始しました。

ユニリーバのアプローチ

2015年、アイスクリームの移動販売プログラムを刷新し、「アイ・アム・ウォールズ」を導入しました。2020年までに10万人の小規模事業主を雇用することを目指しています。

農業セクターでは、ソリダリダとのパートナーシップ(2014年に開始)にょり、より広範なサプライチェーンで、農業に携わる100万人の生活を向上することを目指しています。このパートナーシップでは、小規模農家の農場管理の方法を改善しながら、若い起業家を育成していくことに特に力を注いでいます。2015年にはソリダリダおよびソーストラストとパートナーシップを組み、ココア栽培産業に携わる若い人々を対象に、農業スキルとビジネススキルを伸ばし、社会問題や財務へのリテラシーを上げる取り組みをガーナで試験的に導入しました。

Key

  • 達成済み
  • 計画通り
  • 計画に遅れ
  • %目標を達成
トップに戻る