1. Home
  2. サステナビリティ

サステナビリティ

世界中で、一緒にビジネスに変革を

私たちの原動力となるもの、そして目指すものは何か

ユニリーバは創業以来、パーパスを大切にしてきました。現在では、「サステナビリティを暮らしの”あたりまえ”に」というシンプルかつ明確なパーパスを掲げています。

ユニリーバでは、ビジネスの成長のため人や環境を犠牲にするべきではないと考えています。だからユニリーバは、ビジネスのやり方を変えようとしているのです。そして、ビジネスのやり方を変えたいと考える理由もそこにあります。

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン (USLP) は、社内での変革を実現する大きな野望です。2010年の導入以来、パーパスに導かれた数々のブランドの持続可能な成長を促進し、コストを削減し、リスクを軽減することで信頼を築いてきました。

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランでは、環境負荷を減らし、社会に貢献しながらビジネスを成長させることを目指しています。 このプランには達成すべき3つの大きな目標があります。また、これらの目標を下支えするものとして、バリューチェーン全体におけるユニリーバの社会・環境・経済的なパフォーマンスといった側面を網羅する9つのコミットメントとターゲットが存在します。最大の変化が見込めるこれらの分野に焦点を当て、国連の持続可能な開発目標 (SDGs) を支えるべく、今後も周りの人々とともに取り組みを続けていきます。

3つの大きな目標

すこやかに
暮らせるよう
支援

10億人

2020年までに、10億人を超える人々が健康とウェルビーイングの向上を目的としたアクションを取るための支援を行います。

UN Sustainability Development Plan

ユニリーバでは国連の持続可能な開発目標を支えるための取り組みを実施しています


2020年までに、10億人を超える人々の健康と衛生を向上させるための支援を行います。これにより、下痢など命を脅かす病気を減らします。

2018年末までに、12億4000万人にリーチ(6億5300万人は現地でのプログラム、5億8700万人は手洗いに関するテレビを通して)

  • 手洗いを通し、下痢や呼吸器疾患を減らす

  • 安全な飲み水を提供する

  • 衛生アクセスに関する改善

  • 口腔衛生の改善

  • セルフエスティームの向上

  • 皮膚の治癒力を改善

健康と衛生について詳しく見る

今後も、ユニリーバ製品の味と栄養価を向上するための取り組みを継続していきます。ユニリーバ製品のほとんどが、栄養に関する国の基準を満たすか、それを上回るものです。しかし、私たちはさらに上を目指します。世界的に認識されている食事ガイドラインに基づいた栄養に関する最高の基準を満たす製品の割合を、2020年までに2倍に増加させます。これにより、何億人もの人々がより健康的な食生活を送る事を支援をします。

ユニリーバ製品の48%(量で計算した割合)が、2018年の栄養に関する最高基準に準拠

  • 食塩の低減
飽和脂肪:
  • 飽和脂肪を減らす

  • 必要な脂肪酸を増やす

  • より多くの製品において飽和脂肪を減らす
  • トランス脂肪ゼロ
  • 糖分を減らす
カロリーを減らす:
  • 子供向けのアイスクリーム
  • その他のアイスクリーム製品
  • 健康的な食事についての情報提供

食について詳しく見る

製品の
ライフサイクルからの
環境負荷を

半分に

2030年までに、ビジネスを成長させながら、製品ライフサイクルからの環境負荷の半減を目指します。*

UN Sustainability Development Plan

ユニリーバでは国連の持続可能な開発目標を支えるための取り組みを実施しています

ユニリーバ製品のライフサイクル:

2030年までに、ユニリーバ製品のライフサイクルが温室効果ガス (GHG) に及ぼす影響を半減させる。

2010年以来、ユニリーバ製品を使用する消費者一人あたり温室効果ガスは6%増加しています*

製造:

ユニリーバ工場からのCO2排出量は2008年よりも著しく多くなっていますが、2020年までに、2008年の排出量以下に減少されます。

2008年以来、生産量1トンあたりのエネルギーから排出されるCO2を52%削減。

製造においてカーボンポジティブを目指す:
  • 再生可能なエネルギーのみを調達する

  • 再生可能なエネルギーで発電された電力の調達

  • エネルギーミックスから石炭を取り除く

  • 余剰エネルギーを地域で活用できるようにする

衣類の洗濯により発生する温室効果ガスを減らす:
  • 処方の見直し
  • 輸送により発生する温室効果ガスを減らす

  • 冷蔵により発生する温室効果ガスを減らす:
  • オフィスでのエネルギー消費量を削減する
  • 社員の出張を減らす
温室効果ガスについて詳しく見る

ユニリーバ製品の使用:

2020年までに、消費者がユニリーバ製品を使用する際に消費する水の量を半減する。+

2010年以来、ユニリーバ製品を使用する消費者一人あたりの水消費量は2%減少しています*

製造:

世界中にあるユニリーバの工場で使用された水の量は著しく多くなっていますが、2020年までに、2008年の使用量以下に減らします。

2008年以来、生産量1トンあたりに使用される水の量を44%削減。

洗濯プロセスにおける水の使用量の削減:
  • 水の使用量が少ない製品

  • 農業における水の使用量の削減

水について詳しく見る

ユニリーバの製品:

2020年までに、ユニリーバ製品の処分により発生する廃棄物を半減する。

2010年以来、ユニリーバ製品を使用する消費者一人あたりの廃棄物量が約31%減少しています*

製造:

世界中にあるユニリーバの工場で処分された全廃棄物の量は著しく多くなっていますが、2020年までに、2008年以下に減らします。

2008年以来、生産量1トンあたりの廃棄物量を97%削減。

製造プロセスで発生する廃棄物の減少:
  • 安全な物質も含め、埋め立て廃棄物ゼロ
  • 再利用、リサイクル、堆肥化可能なプラスチックをパッケージに使用

  • パッケージの削減

パッケージのリサイクル:
  • リサイクル率・再生率の増加

  • リサイクル成分の使用率を増やす

  • 袋などの廃棄物を減らす

  • PVCの廃止

オフィスの廃棄物を減らす:
  • リサイクル、再利用、再生

  • 紙の消費量を減らす

  • 各プロセスにおける紙の使用を廃止する

廃棄物&パッケージについて詳しく見る

2020年までに、農産物原料を100%持続可能な方法で調達します。

2018年末までには、当社の農産物原料の56%が持続可能な方法で調達されました。

  • 持続可能なパーム油

  • 紙とボール紙

  • 大豆および大豆油

  • 紅茶

  • フルーツ

  • 野菜

  • ココア

  • 砂糖

  • ひまわり油

  • なたね油

  • 乳製品

  • フェアトレードのベン&ジェリーズ

  • 放し飼いで育った鶏の卵

  • 事務用品の持続可能な調達

持続可能な調達について詳しく見る

経済発展

支援

数百万人

2020年までに、ビジネスを成長させながら数百万人の人々の暮らしを改善します。

UN Sustainability Development Plan

ユニリーバでは国連の持続可能な開発目標を支えるための取り組みを実施しています


2020年までに、社内でのオペレーションやサプライチェーン全体における人権保護を増進します。

61%の購買が、ユニリーバの『責任ある調達規定』に沿ったサプライヤーとなっています

ユニリーバの人権レポートで挙げた8つの顕著な問題に焦点を当てながら、人権の擁護を続けてきました

ユニリーバの労務災害の頻度率が、就業時間100万時間あたり0.69まで改善されました

  • 国連のビジネスと人権に関する指導原則を実行

  • すべての購買が、ユニリーバの『責任ある調達規定』に沿ったサプライヤーにする

  • 公正な補償を行うためのフレームワークを作る

  • 社員の健康、栄養状態、ウェルビーイングを改善する

  • 勤務中の負傷や事故を減らす

職場における公平性について詳しく見る

2020年までに、500万人の女性の社会進出を支援します。

185万人の女性が、安全に、スキル開発や機会を増やすための活動を実施しました

  • 管理職に焦点を当てて、男女のバランスがとれた組織を築き上げる

  • ユニリーバがビジネスを展開する地域における女性の安全を推進する

  • トレーニングを活用し、スキルを高められる環境を整える

  • 小売りバリューチェンにおける機会を拡大する

女性のための機会について詳しく見る

2020年までに、550万人の人々の暮らしに良い影響をもたらします。

746,000軒の小規模農家、および173万の小規模な小売店が、農業工程の改善や収入の増大を目的としたイニシアチブに参加できる環境を整える

  • 小規模農家の暮らしを改善する

  • 小規模な小売店の収入を増やす

包括的なビジネスについて詳しく見る
Key
  • 達成済み

    This is the number of targets we have achieved

  • 計画通り

    This is the number of targets we are on track to achieve

  • 計画に遅れ

    This is the number of targets we are currently not on track

  • %

    %目標を達成

    This is the percentage of the target we are on track to achieve

**環境に閲する当社の目標は「消費者の使用1回あたリ」で表現しています。「消費者の使用1回あたリ」とは、製品の1回の使用量や分量、1 食分のことです。

+水不足に悩む7ヵ国の人口合計は、世界の人口の約半分にあたります。

PwCによる独立的なアシュアランス

ユニリーバの進捗例

12億4000万

12億4000万人もの人々の健康と衛生状態の改善を支援。

半分以上

パーム油、紙、紅茶などを含むユニリーバの農産物原料の半分以上が、持続可能な調達。

数百万人の人々

小規模農家や小規模小売プログラムなどの企画を通し、数百万人の人々の暮らしを改善。

私たちは長い間、成長と持続可能性は共存可能なものであると考えてきました。毎年、USLPがユニリーバだけでなく社会や環境にもたらすメリットを証明する事例が、次々と集められています。

さらなる成長

Shopping trolly
26

もの持続可能な生活を支えるブランド

ユニリーバの調査によると、全消費者の半分以上が持続可能な商品を既に購入しているか、購入したいと考えています。これこそが、当社が「サステナブル・リビング・ブランド」を立ち上げた理由です。これらのブランドは、社会や環境の問題に関連する明確なパーパスをもち、USLPに貢献するブランドを指します。

現在では、ダヴ、リプトン、ヘルマンズ、およびセブンス・ジェネレーションをはじめとする26ものサステナブル・リビング・ブランドを展開しています。また、これらのブランドによる売り上げは、ユニリーバの平均成長率を大いに上回り続けてきました。

コストの削減

diffrent currency
6億ユーロ

2008年以来、優れた環境効率を通して削減した累積エネルギーのコスト

廃棄物を減らし、省エネや節水により、効率化を進めながら費用を削減できるだけでなく不安定な価格の影響を受けにくくなります。

2008年以来、環境効率の改善により6億ユーロのコスト削減を実現しました。

リスクの低減

Farmer with spade
56%

の農産物原料を持続可能な調達

持続可能な方法で事業運営をすることにより、将来の調達リスクの低減につながります。

2018年末時点で、農産物原料の56%が持続可能な調達です。

信頼の強化

Shaking hands
50

約50ヵ国において、最も就職志望者が多い企業に

サスティナビリティをビジネスモデルの中核に据えることにより、消費者が関心を寄せ続ける企業として、ステークホルダーとの関係強化を実現しています。

約50ヵ国において、新卒から最も就職志望者が多いNo.1のFMCG企業に選ばれています。


結果をだしながら、大切なことを学んでいます

Free to be myself

ユニリーバのサステナブル・リビング・プランでは、数々のすばらしい結果が生まれました。ダヴ、ヘルマン、ベン&ジェリーズ、オモといったブランドを消費者の方々が意識して選択し、それがビジネスの成長につながっているのを実感しています。

また、うまくいくこと、いかないことについても、多くのことを学びました。それを踏まえた上で、今後も物事を良い方向へ導くための変化に取り組み続けていきます。ユニリーバが抱える大きな課題の一つとして、私たちが直接左右することのできない、ビジネスの外における変化に関与することが挙げられます。

より広範囲のバリューチェーンに影響をもたらすための新しいアイディアや方法を、常に探し求めているのです。持続可能性に関する多くの課題に対処するにあたり、他の人々や組織と協力することが鍵となることを理解した上で、今後はより一層この側面に焦点を当てていこうと考えています。

ユニリーバでは将来を見据えたビジネスを行い、一歩先のことに適応しながら成長を続けています。

学んだことをもとに、実現したい変化に向けた取り組みの展開を目指し続けます。

私たちはともに、ビジネスのあり方を新しいものにします。

あなたも、その一員になりませんか?

トップに戻る

ユニリーバ とつながる

ユニリーバ と同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

ユニリーバ と専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ