世界の人々に誇らしく感じていただけるようなビジネスへ

10年前、ユニリーバは、世界一サステナブルなビジネスになるための旅を始めました。

私たちは、証明したかったのです。人々や地球を犠牲にしなくても、成長できることを。

ビジネスには、言葉だけではなく行動で、よりよい未来を創っていく力があるということを。

私たちは、多くの目標を達成しました。でも、できなかったこともあります。

10年経った今、これまでに学んできたことをお伝えします。

そして、その学びを、さらに野心的な新しい戦略へ活かしていきます。

パイオニアであり続けた10年間を振り返って

私たちは、2010年、ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン(USLP)を導入しました。

USLPは、それまでの流れを一変させていくことになります。当時は、多くの企業がビジネスとサステナビリティを切り離して考えていましたが、ユニリーバはつながりを見出していました。

USLPは、環境や社会のための「サステナビリティ・プラン」ではなく、サステナブルなビジネスとして成功するための「ビジネス・プラン」だったのです。

私たちは、バリューチェーンのあらゆる側面に目を向けながら、サステナブルな未来のために世界が取り組むことになるであろう主要なアジェンダ(のちのSDGs)に、企業としてどうアプローチするのかを考え、枠組みをつくっていきました。

気候変動対策。ジェンダー平等。何十億人もの人々の健康と栄養。自然環境への敬意。より公正で豊かな世界。

そして、3つの大きな目標とそれを支える50以上の数値目標を設けました。これは、これまでグローバル企業が定めた中でも、おそらく最も幅広く、包括的なサステナビリティの目標だと思われます。

女性のエンパワーメント、森林の保護、すこやかな暮らしの支援、持続可能な農業といった分野では、私たちを取り巻く世界に変化を起こすことができました。

また、ビジネスにもよい効果が見られました。

多くの成果を残すことができましたが、まだしなければならないことがあります。

50項目以上に及ぶ数値目標の中には、達成できなかったものもあります。

3つの大きな目標の中にも、まだいくつか課題が残っています。

高い壁にぶつかって学んだこともありました。

取り組みの成果は?

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランの導入から10年経った今、さまざまな成果が見えてきています

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランは、環境負荷を減らし、社会に貢献しながらビジネスを成長させることを目指す事業戦略です。

「すこやかな暮らし」「環境負荷の削減」「経済発展」の3つの分野で、9つのコミットメントと50以上の数値目標を設けています。ユニリーバのバリューチェーン全体を視野に、社会・環境・経済の観点から最も大きな変化が起こせる分野に焦点を当て、社外のパートナーとともに取り組みを進めることで、国連の持続可能な開発目標 (SDGs) の達成にも貢献していきます。

3つの大きな目標

すこやかな暮らし:
2020年までに
10億人以上の

すこやかな暮らしを支援

2020年までに、10億人以上の人々が健康とウェルビーイングのためのアクションを取れるよう支援します。

UN Sustainability Development Plan

私たちの取り組みはSDGsにも貢献しています。


2020年までに10億人以上がより健康に、衛生的に暮らせるよう支援します。このことで下痢などの病気から命を守ります。

2019年末までに、13億万人に働きかけました。

  • 手洗いによる下痢や呼吸器疾患の低減

  • 安全な飲み水の提供

  • 衛生的なトイレへのアクセスの改善

  • 口腔衛生の改善

  • 自己肯定感の向上

  • 皮膚の治癒力の改善

健康・衛生について詳しく見る

今後もおいしく栄養価の高い製品を提供するための取り組みを継続します。ユニリーバの食品・飲料製品のほとんどが既に国の栄養基準を満たしているか上回っています。さらに一歩進め、2020年までに国際ガイドラインが認めた最も厳しい栄養基準を満たす製品の割合を2倍にします。そうすることで、何億人もの人々がより健康的な食生活を送れるようにします。

2019年末までに製品の56%が最も厳しい栄養基準に準拠しています(販売量ベース)。

  • 塩分の低減
飽和脂肪:
  • 飽和脂肪の低減

  • 必須脂肪酸の増加

  • より多くの製品で飽和脂肪を低減

    (2018年にスプレッドのビジネスを売却して以来、この目標に関する測定・報告は行っていません)

  • トランス脂肪の排除
  • 糖分の低減
カロリーの低減:
  • お子さま向けのアイスクリーム
  • その他のアイスクリーム
  • 健康的な食事についての情報提供

食について詳しく見る

環境負荷の削減:
2030年までに
製品のライフサイクルからの

環境負荷を半減

2030年までに、ビジネスを成長させながら、製品ライフサイクルからの環境負荷を半減させることを目指します。*

UN Sustainability Development Plan

私たちの取り組みはSDGsにも貢献しています。

製品のライフサイクル:

2030年までに製品のライフサイクルからの温室効果ガス(GHG)排出量を半減させます。

2010年以来、消費者の使用1回あたりの温室効果ガス排出量は2%増加しました。*

製造:

2020年までに製品の製造量が大幅に増えても、工場からのCO2排出量を2008年と同等またはそれ以下に削減します。

2008年に比べ、生産量1トンあたりのCO2排出量を65%削減しました。

製造においてカーボンポジティブを目指す:
  • エネルギーを100%再生可能エネルギーに切替

  • グリッドから購入する電力を再生可能エネルギーに切替

  • エネルギーミックスから石炭を排除

  • 余剰エネルギーを地域社会で活用できるように

洗濯から生じる温室効果ガスの削減:
  • 処方の見直し
  • 輸送から生じる温室効果ガスの削減

  • 冷却から生じる温室効果ガスの削減
  • オフィスでの省エネルギー
  • 出張の削減
温室効果ガスについて詳しく見る

製品使用時:

2020年までに消費者が製品を使用する際の水の使用量を半減します。+

2010年以来、消費者の使用1回あたりの水の使用量が1%増加しました。*

製造:

2020年までに製品の製造量が大幅に増えても、工場での水の使用量を2008年と同等またはそれ以下に削減

2008年に比べ、生産量1トンあたりの水の使用量を47%削減しました。

洗濯時の水使用量の削減:
  • 節水できる製品

  • 農業における水使用量の削減

水について詳しく見る

製品:

2020年までに製品の廃棄に関連して生じる廃棄物を半減します。

2010年以来、消費者の使用1回あたりの廃棄物量を約32%削減しました。*

製造:

2020年までに製品の製造量が大幅に増えても、工場からの廃棄物を2008年と同等またはそれ以下に削減します。

2008年に比べ、生産量1トンあたりの廃棄物量を96%削減しました。

製造からの廃棄物の削減:
  • 埋め立て廃棄物ゼロ
  • プラスチック・パッケージを再利用可能、リサイクル可能、堆肥化可能に

  • パッケージの削減

パッケージのリサイクル:
  • リサイクル率・再生率の増加

  • 再生材の使用を増加

  • サシェ廃棄物の削減

  • ポリ塩化ビニール(PVC)の廃止

オフィスの廃棄物を削減:
  • リサイクル・再利用・再生

  • 紙の消費量の削減

  • 業務プロセスでの紙の使用を廃止

廃棄物・パッケージについて詳しく見る

2020年までに製品の原料となる農産物を100%持続可能に調達します。

2019年末までに製品の原料となる農産物の 62%を持続可能に調達しました。

  • 持続可能なパーム油

  • 紙・ボール紙

  • 大豆・大豆油

  • 紅茶

  • 果物

  • 野菜

  • ココア

  • 砂糖

  • ひまわり油

  • なたね油

  • 乳製品

  • ベン&ジェリーズのフェアトレード

  • 平飼いの卵

  • オフィス用品の持続可能な調達

持続可能な調達について詳しく見る

経済発展:
2020年までに
数百万人以上の

暮らしを向上

2020年までに、ビジネスを成長させながら、数百万人の人々の暮らしの向上を支援します。

UN Sustainability Development Plan

私たちの取り組みはSDGsにも貢献しています。


2020年までに社内およびサプライチェーン全体で人権を推進します。

調達の70%が、「責任ある調達のための方針」に沿ったサプライヤーからの調達です(金額ベース)。


「ユニリーバ 人権レポート」で挙げた8つの主要な課題に焦点を当て、人権擁護に継続的に取り組んでいます。


労務時間100万時間あたりの事故件数は0.76となりました

  • 国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を実行

  • 「責任ある調達のための方針」に沿ったサプライヤーから100%調達

  • 公正な報酬のためのフレームワークの作成

  • 社員の健康・栄養状態・ウェルビーイングの改善

  • 労働災害および事故の低減

公平な職場について詳しく見る

2020年までに500万人の女性のエンパワーメントを推進します。

234万人の女性が、より安全に働き、スキルを伸ばし、機会を広げるためのイニシアチブに参加できるようにしました。

  • 社内のジェンダーバランスの向上(特に管理職)

  • 事業展開するコミュニティでの女性の安全を推進

  • トレーニングやスキル向上の機会を拡大

  • 小規模物流事業主の支援

女性のための機会について詳しく見る

2020年までに550万人の人々の暮らしの向上を支援します。

793,000軒の小規模農家、および181万の小規模小売店が、農法の改善や収入増のためのイニシアチブに参加できるようにしました。

  • 小規模農家への支援

  • 小規模小売業への支援

包括的なビジネスについて詳しく見る
Key
  • 達成済み

    This is the number of targets we have achieved

  • 計画通り

    This is the number of targets we are on track to achieve

  • 計画に遅れ

    This is the number of targets we are currently not on track

  • %

    %目標を達成

    This is the percentage of the target we are on track to achieve

* 環境に関する目標は「消費者の使用1回あたり」を指標としています。これは製品の1回の使用量や分量、1食分のことです。

+水不足に悩む7ヵ国の人口合計は、世界の人口の約半分にあたります。

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)によるアシュアランス。独立型のアシュアランスおよび当社の測定基準をご覧ください。

「コンパス」が導く方へ

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランが2020年に終わりを迎えたら、次はどこへ向かうのでしょうか?

そう、さらに先へと進むのです。

私たちは、ユニリーバが歩んでいる道は、ビジネスにとっても、世界にとっても正しいものだという確信を強めています。そして、USLPを通して得られた経験を活かして、サプライヤーやカスタマーの皆さま、消費者の皆さまとともに、よりよい未来を創るための大きな力を生み出そうとしています。

そのために企業としてどうあるべきでしょうか?

私たちは、「Purpose-led, future-fit」、つまり、パーパス(目的・存在意義)主導であり、未来のさまざまな変化に適応していける企業であること、そして、優れた業績を残し続けられる企業であることが大切だと考えています。

そのため、新しい指針として「コンパス」を掲げました。これは、ユニリーバのサステナブルなビジネスを支える唯一の戦略であり、次のような3つの信念に基づいています。

パーパスを持つブランドは成長する

パーパスを持つ企業は存続する

パーパスを持つ人々は成功する

新しい旅路を皆さまと分かち合えることを楽しみにしています。

私たちはこれからも、世界中の人々が見たいと願う未来を実現できるよう、ビジネスの力を活用していきます。ユニリーバがあってよかった、誇らしくおもうと言っていただけるようなビジネスを目指して。

トップに戻る

ユニリーバ とつながる

ブランドやサステナビリティについての情報を発信しています。

お問い合わせ

お客様相談室・報道関係のお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ