Toggle 検索

  1. Home
  2. サステナビリティ

サステナブルな成長:よりよい未来へ

ユニリーバは、ビジネスを成長させるために人や地球を犠牲にしてはならないと考えています。それが私たちがビジネスモデルを変えたいと感じ、実際に変えてきた理由です。

ユニリーバの新しいビジネスモデルは、継続的な成長、利益ある成長、競争力のある成長、そして責任ある成長をもたらしています。

私たちは、「環境負荷を減らし、社会に貢献しながらビジネスを成長させる」という企業ビジョンを実現するため、2010年、ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランを導入しました。それから7年を経た現在も、このプランは当社のビジネスの中核にあります。
ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランは、成長の加速、コストの削減、リスクの低減、そして信頼の強化という4つの点で私たちのビジネスを支えています。このことで、ステークホルダーの皆さまに対しても長期的な価値を生み出しています。

私たちは、「すこやかな暮らし」「環境負荷の削減」「経済発展」の3つの分野で50あまりの数値目標と達成期限を設け、取り組みを続けてきました。そのうち80%以上ですでに目標を達成したか、順調に進捗しています。

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランが提供する価値

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランには、以下の3つの大きな目標があります。

  1. 衛生・健康:2020年までに10億人以上のすこやかな暮らしを支援
  2. 環境負荷の削減:2030年までに製品の製造・使用から生じる環境負荷を半減
  3. 経済発展:2020年までにビジネスを成長させながら数百万人の生活水準の向上を支援

この目標を達成することで、ビジネスを成長させながら、社会にも価値をもたらすことをめざしています。

成長を加速

Deodorant factory worker

多くの消費者の皆さまが環境や社会に配慮した製品・サービスを選びたいと考えていることが分かっています。このようなニーズに対応するため、「サステナブル・リビング・ブランド」の構築および育成に力を入れています。

「サステナブル・リビング・ブランド」は、サステナビリティを戦略の中核に置くブランドのことをいいます。これらのブランドは、ブランドとしての存在意義・目的(パーパス)に環境・社会の視点を組み込み、それに沿った製品や活動を展開することで、ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランの目標達成に貢献しています。現在、ダヴ、リプトン、ベン & ジェリーズ、ヘルマンズをはじめ、18のブランドが「サステナブル・リビング・ブランド」に含まれています。これらのブランドは、2016年、他のブランドに比べて50%速く成長し、ユニリーバ全体の売上成長のおよそ60%を占めるまでになりました。


コストの削減

Chinese factory worker

廃棄物量、エネルギーの使用量、原材料・天然資源の使用量を削減することで、効率化を進めながら、コストを削減しています。このことは、資源価格の変動リスクの低減にもつながっています。2008年以降、製造工程での環境効率を向上することで、7億ユーロ(約830億円)を超えるコストを削減しました。

リスクの低減

サプライチェーンにサステナビリティの視点を組み入れることで、気候変動の影響や原材料の長期的な調達リスクに備えています。2016年末までに原材料となる農産物の51%で持続可能な調達を実現しました。

信頼の強化

サステナビリティをビジネスの中核に置くと、消費者の皆さまをはじめ、さまざまなステークホルダーとの絆を強めることができます。ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランは、現在の、そして未来の社員も惹きつけています。「大学生が選ぶもっとも働きたい会社」消費財部門に34カ国で選ばれ続けています。

「持続可能な開発目標」がもたらす経済的機会

最新の推計では、現在も10億人近い人々が極貧の中で暮らしています。9人に1人が栄養不足に苦しんでいる一方で、10人に1人は栄養過多です。多くの地域が政情不安や社会不安にさらされています。また、自然資源が急速に消費され、地球の限界を超えつつあります。

世界は非常に大きな課題に直面しています。

しかし、こうした課題に取り組むことで、人々の暮らしをよりよくし、ビジネスも成長させる機会も生まれます。

2015年9月、「持続可能な開発目標」 (SDGs)が国連総会で採択されました。世界中の国々が貧困、不平等・格差、気候変動のない世界をめざす17の目標達成に向けて動き出しています。

企業はこの目標ができるまでにも大きく関わりましたが、目標の実現においても、ひきつづき重要な役割を担うことになります。
企業にとって、SDGsはまたとないビジネスチャンスです。ビジネスと持続可能な開発委員会の推計では、SDGsの実現に取り組むことで貴重な市場機会が得られ、最大12兆ドルもの経済成長と3億8千万もの雇用が生み出される可能性があります。

社外のパートナーとの協働

世界が直面している環境・社会・経済の課題に対処するためには、大規模な変革を早急に起こす必要があります。そこで、私たちは、さまざまな課題の中でもユニリーバの事業に関わりが深く、事業規模や影響力、専門知識、リソースを活かせるものを強化分野に定めました。そして、それらの分野では、社内での漸進的な改善にとどまらず、他の企業や市民社会、政府、NGOなどの社外のパートナーと協働しています。多くの人々の力を積み重ねることは、よりよい未来を創るもっとも大きな力なのです。

森林伐採をなくす

Worker surveys jungle site

ユニリーバは、業界の他企業とともに、2020年までにパーム油、大豆、紙およびボール紙、牛肉という4種類の農林産物に伴う森林伐採をゼロにする取り組みを続けています。

インドネシアでは、パーム油生産量の40%を小規模農家が生産しています。中部カリマンタン州政府、西コタワリンギン県政府、ヤヤサン・ペネリティアン・イノヴァシ・ブミ(INOBU) とのパートナーシップを通じて、ユニリーバは1,400ヘクタールの土地で栽培を行う600軒の独立農家と協働を始めました。これらの農家が持続可能なパーム油の認証を受け、森林を守りながら生活水準も向上していけるよう、村単位で取り組みを進めています。

持続可能な農業を主流に

Farmer checking tomato crop

ユニリーバは、紅茶、パーム油、野菜などの購入量の多い企業の一社として、さまざまなパートナーとともに、飢餓の撲滅、食糧の安定供給の実現、栄養状態の改善に取り組んでいます。
小規模農家では、しばしば栄養価の高い食べ物は自分では食べず、売ってしまいます。そこで、私たちは栄養改善のためのグローバル・アライアンス (GAIN)およびサステナビリティ貿易イニシアチブ (IDH) と共同で、「豊かさの種」という名前の栄養向上プログラムを創始しました。このプログラムは、消費財のサプライチェーン全体に働きかけ、栄養価の高い食べ物やバランスの良い食事、石鹸による手洗いの重要性を広めていきます。家庭菜園を育てる手段も各家庭に提供しています。インドのタミル・ナードゥ州で試験的に行ったプログラムでは、2,600軒の農家に支援を届けることに成功しました。今後さらにプログラムを広げ、さらに30万人の人々を支援していきます。

清潔な水と衛生設備

Indian children washing their hands

ユニリーバは、安全な飲用水や衛生が世界中どこでも手に入るようにするという高い目標を掲げています。社外のパートナーと協力することで、非衛生が原因の病気から人々の健康と命を守ることができるようになります。
世界人口の3分の1もの人々が、清潔で安全なトイレを利用できずにいます。ドメストは、この問題に対応するため、社外のパートナーとともに「ドメスト・トイレット・アカデミー」というプログラムを実施しています。このプログラムでは、支援する地域に住んでいる方に起業家になっていただき、衛生的なトイレを設置・維持するともに、他の住民の方々への衛生教育をしていただきます。社外のパートナーの支援を得て、2014年以来、500人を超える起業家にトレーニングを提供し、11万6千台を超える数のトイレを設置していただきました。この取り組みを通じて、インドとベトナムで、61万9千人の人々に清潔なトイレへのアクセスを支援しました。

女性進出の機会

Shakthi woman talking

女性のエンパワーメントは、ジェンダー平等を実現するためにも、社会や経済をよりよくするためにも大切です。女性の機会を広げ、女性が社会・経済の中でもっと活躍できるようになれば、2025年までに世界年間GDPが28兆ドルも伸びる可能性があると言われています。
私たちは、テクノサーブとのパートナーシップにより、ナイジェリアの農村部にサンライト・ウォーター・センターを建設し、清潔で安全な水をお求めやすい価格で提供してきました。このセンターは商店としての役割も兼ね備えています。農村の女性にトレーニングを受けていただき、センターの運営をしていただくことで、女性たちにビジネススキルと収入を得られる機会を提供しています。私たちは、このセンターを1,000ヵ所に設置することをめざしています。そのことで、ユニリーバのブランドの売上も最大2,000万ユーロ(約25億円)増やせる見込みです。

より明るい未来へ

私たちは、世界が直面する課題を過小評価することはありませんが、楽観的に捉えています。ユニリーバは、サステナビリティをビジネスに組み込むことで成長してきました。これは単に正しい道だというだけではなく、継続的な成長、利益ある成長、競争力ある成長、そして責任ある成長を実現するための唯一の道だと改めて確信しています。よりよい未来は、すでに始まっているのです。

トップに戻る