1. Home
  2. ...
  3. Press releases
  4. 「RAINBOW CROSSING TOKYO 2018」に参加

「RAINBOW CROSSING TOKYO 2018」に参加

企業とLGBTが“自分らしく働く”を考えるコンファレンスに3年連続でブース出展

ユニリーバ・ジャパン(本社 東京都目黒区、代表取締役 社長兼CEO 髙橋 康巳)は、2018年10月21日(日)に東京大学で開催される「RAINBOW CROSSING TOKYO 2018」に参加します。当社は「Be Yourself」(自分らしくあること)が、一人ひとりが
最大限能力を発揮し、ビジネスを成長させる基盤であるとの考えから、ダイバーシティ&インクルージョンを推進してきました。
2016年9月にはLGBT支援プログラム「ユニリーバ・プライド・ジャパン」を導入。「RAINBOW CROSSING TOKYO」への参加をはじめ、さまざまな取り組みを通じて、LGBTがより自分らしく働き、暮らせる社会の実現を目指しています。

RAINBOW CROSSING TOKYO 2018開催概要

「LGBTやダイバーシティに取り組んでいる企業はどんなことをしているの?」「職場ではどういう対応が望ましいの?」
「LGBTの人たちはどんなふうに働いているの?」そんな疑問を、企業とLGBTがともに考える1日です。

【日  時】2018年10月21日(日) 9:45-18:15 ※途中入退場自由

【場  所】東京大学 安田講堂・御殿下記念館 (〒113-8654 文京区本郷7-3-1)

【内  容】各企業による講演、各企業との交流ブース、LGBTの社会人との交流ブース、ディスカッションブース など

【主  催】認定特定非営利活動法人ReBit

【参加費】無料 ※取材には事前申込が必要です。2018年10月15日(月)までに下記問い合わせ先までお知らせください

ユニリーバ・ジャパン出展内容

  1. パネルトーク「“自分らしく働く”を考える」への登壇 (11:10~11:45/安田講堂)

    LGBTやアライの社会人によるパネルトークに、ユニリーバ・ジャパンでLGBTであることをカミングアウトし、自分らしく活躍している
    社員が登壇します。

  2. 企業説明会(13:30~18:15/御殿下記念館)

    ユニリーバ・ジャパンのダイバーシティ&インクリュージョンの考え方や、LGBTに関わる取り組み、ブランドの取り組みをご紹介します。 午前 中のパネルトークに登壇する社員やアライともお話していただけます。

ユニリーバ・ジャパンの取り組み

「ユニリーバ・プライド・ジャパン」 の4つの枠組みの下、人事制度の改定やコミュニティ活動などを実施しています。

  • ワークフォース|人材の採用・活用

  • 「RAINBOW CROSSING TOKYO」に3年連続で出展し、LGBT当事者の社員やアライが毎年参加しています。
  • マーケットプレイス|市場への働きかけ

  • プレミアムアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」で「フェアにアイを伝えよう」をテーマにした製品の販売やキャンペ-ン
  • ーンを実施しています。

  • コミュニティ|社会活動への協力

  • LGBT成人式など、NGOパートナーや行政機関によるLGBTが自分らしく生きられる社会をめざすイベントに協賛・協力しています。
  • ワークプレイス |人事制度・職場環境

  • 企業行動原則に性自認・性的志向による差別禁止を明記。違反が疑われる場合は社内・社外の相談窓口へ365日・24時間・匿名でも相談できるようにしています。
  • 同性パートナーを配偶者と同等に:結婚・忌引休暇、結婚祝い金・慶弔金の制度、看護・介護休暇の制度を適用しました。また、準婚姻契約書の費用を会社が負担しています。
  • トランスジェンダーへの配慮:通称・服装・健康診断の際、本人の望む性別を尊重。手術の際に休暇を付与することを明記しています。
  • 社内アライコミュニティを設置しています。

以上のような取り組みから「PRIDE指標」では最高評価のゴールドを獲得しました。

* LGBTとは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称の1つです性的マイノリティ

(性的指向、性自認に関するマイノリティ)にはLGBT以外の多様なアイデンティティを持つ方もおられます。

報道関係の皆さまからのお問い合わせ先/取材のお申込み:
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
コミュニケーション担当:新名(しんみょう)
TEL: 03-5723-2213 FAX: 03-3719-4409

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る

Unileverとつながる

Unileverと同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

Unileverと専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ