1. Home
  2. ...
  3. Press releases
  4. ユニリーバ、国際⼥性デー記念イベントを初共催

ユニリーバ、国際⼥性デー記念イベントを初共催

「国際⼥性デー」を記念して、社外のパートナーとともに、ジェンダー平等・ダイバーシティを考えるイベントを2017年3⽉7⽇(⽕)・8⽇(⽔)の2⽇間にわたって開催しました。

ユニリーバ・ジャパン(東京都⽬⿊区、代表取締役プレジデント&CEO フルヴィオ・グアルネリ)は、「国際⼥性デー」を記念して、社外のパートナーとともに、ジェンダー平等・ダイバーシティを考えるイベントを2017年3⽉7⽇(⽕)・8⽇(⽔)の2⽇間にわたって開催しました。

ジェンダー平等・ダイバーシティは、⽇本や世界の課題であると同時に、ユニリーバが成⻑戦略「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」の中で掲げている⽬標でもあります。そのため、ユニリーバは、社内で公平な⼈事評価制度や多様な働き⽅、ダイバーシティを尊重する組織⽂化を推進するだけではなく、社外にも積極的に働きかけてきました。UN Womenによるジェンダー平等のための連帯キャンペーン*「HeForShe」においては、同キャンペーンを推進する政府・教育機関・企業30団体(IMPACT10x10x10)の1社に公式に選出されています。

ユニリーバ・ジャパングループ代表のフルヴィオ・グアルネリは、国際⼥性デーにあたり、次のように述べ、HeForSheへの賛同を表明しました:「HeForSheは重要な活動です。特に⽇本においては重要です。私たちは、企業として、⼥性の可能性を開花させることにコミットします。HeForSheは、働く⼥性だけに向けたものではなく、社会のすべての⼥性に向けた活動です。⼥性は社会において⾮常に重要な役割を担っています。男性が関わり⽅を変えることで、⼥性の可能性を解き放ち、開花させることができると考えています。そうすれば、社会は良くなる、そして、世界も必ず良くなると信じています。」

ユニリーバ・ジャパンは、今回の2つのイベントをスタートラインとし、⽇本においても、ジェンダーに関係なく誰もがいきいきと 活躍できる社会への変⾰に貢献してまいります。

*ジェンダーとは、ある時代のある社会が、そこに所属する男性・⼥性にとって「ふさわしい」とする役割、⾏動、性質など、⽣物学的な性差に付加された社会的・ ⽂化的な性差のことです。

HeForSheセミナー&Project WOMEN (PDF | 453KB)

お問い合わせ先:

報道関係の皆さまからのお問い合わせ先
「HeForShe」広報事務局(ブルーカレント・ジャパン株式会社内)緒方・小武海

TEL 03-6731-4084
FAX 03-6204-4142

heforshe-pr@bluecurrentgroup.com

これらのトピックスに関してもっと調べる
トップに戻る

Unileverとつながる

Unileverと同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

Unileverと専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ