1. Home
  2. ...
  3. サプライチェーン
  4. サプライチェーン:倉田実生子(2016年入社)

サプライチェーン:倉田実生子(2016年入社)

Japan sachiko kurata

担当している仕事内容
サプライチェーンでヘアケアの需要計画を行っています。サービスや生産数量を計算し、最適なタイミングで最適な量をつくることを心掛けて仕事をしています。

ユニリーバを選んだ理由
海外の留学生活の経験を通して、どこにいってもユニリーバの製品が置いてあることに気づきました。その反面、大好きなダヴの製品が欠品しているのを見かける時が何度もあり、消費者が購入したい際に買えないというのは問題で改善したいと考えました。
消費者が自分の好きな商品を好きな時に買えるよう、充分に補充してあるべきと考え、供給の問題を解決したいと思い応募しました。

入社前に感じた不安は?
サプライチェーンに関する専門的知識がない事が不安でした。文系の学部だった為、入社後から学び始めて周りについていけるのか心配でした。
入社後、先輩方が一からサプライチェーンについて教えて下さり、分からない点もいつでも質問する事ができる環境だったので、専門知識のある理系でなくても、問題なくついていくことが出来ました。

入社後のギャップは?
裁量権が大きい事です。
入社前に想定していた以上に1年目から裁量権が大きく、驚きました。仕事量が多く大変な時もありますが、1年目から即戦力として仕事を任せて貰えることが嬉しくやりがいがあります。

ユニリーバを一言で表すと?
“Impossible is possible.”
内定した時にサプライチェーンのディレクター言われた言葉がぴったりだと思いました。不可能と思える状況でも、可能にする方法を考える事が大切(不可能は可能なんだ)と教わり続けました。
3年目になり、想定外の状況に多々直面し”不可能”と思う時もありましたが、周りの方のサポートを頂き何度も”可能”に変える事ができました。ユニリーバにいて”不可能は可能なのだ”と感じています。

学生のみなさんへのメッセージ
ユニリーバは”Be yourself”という理念をとても大事にしています。自分を取り繕うのではなく、ありのままの自分で面接に臨んでください。皆さんと一緒に働くことを楽しみにしています!

トップに戻る

Unileverとつながる

Unileverと同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

Unileverと専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ