サプライチェーン

サプライチェーン

「ユニリーバは世界最大アナリストのGARTNER社の評価により、2012年に初めてサプライチェーンの業界ランキング世界10位に入りました。すばらしい成果だと思います」

ピエール・ルイジ・シギスモンディ(ユニリーバ最高サプライチェーン責任者

サプライチェーンは、製品の需要・供給計画から原材料の購買、製造、受注・配送まで、一連の流れを取り仕切り、顧客と消費者に高い品質とサービスを提供していく使命があります。 

ユニリーバ フューチャー リーダー プログラム(UFLP)を通じて、サプライチェーンのビジネスプロセスを幅広く学べます。UFLPのOJTでは、原則として下記の仕事のうち最低2つの仕事と、ケースによってはカスタマーディベロップメントも経験します。

ユニリーバはリーダーを育てます!

ユニリーバのグローバルラーニングプログラムは業界の中でも最高峰と評価されています。各部門ごとに設けられたアカデミーで開発されたスキル開発プログラムに社員は参加し、専門スキルを伸ばしていきます。

知っていますか?

ユニリーバは世界中に250の生産拠点を持っています。 世界中のユニリーバでは、1分間あたり130,000袋のティーバッグ、毎年10億本のデオドラント製品、20億本のアイスクリームを生産しています。

ユニリーバにおける成長の3つの柱

  • グローバルで統一された充実したトレーニング
  • 若いうちから任されるストレッチな実務
  • 共に働くプロフェッショナルな人々

サプライチェーンの仕事内容

需要予測・生産計画

販売実績、競合動向などを定量的に分析し、過去実績の考察と将来の需要予測を策定します。また予測を基に財務上、サービス上など、多くの面を最適化した生産数量を計画します。

カスタマーサービス

正確な製品情報を顧客、物流パートナーと共有し、協働しながら効率的に受注から配送までを管理します。製品の安定供給とコスト削減を同時に行い、効率的かつ高品質の物流サービスを提供します。

製造・品質管理

生産の効率化を図りながら、最高水準の品質レベルを目指して、 高い品質の製品を低コストで、需要に合わせて供給するための継続的な改善を行います。

購買

原材料、資材、サービスなどの購買を行います。求められる品質や供給能力を満たしながら、コストとの両立を実現します。サプライヤーと関係を構築しながら、サプライヤーのもつ最新テクノロジーを取り入れる窓口となり、研究開発チーム、世界中のユニリーバに紹介します。

品質保証

世界最高水準のJapanese Qualityを実現するために常に消費者の立場から製品を見つめ、国内外のサプライチェーンだけではなく、R&D、Marketing などとも密に連携し、製品安全の確保だけではなく、お客様に喜んでいただける製品を提供します。

安全・衛生・環境

職場環境の向上、安全衛生、会社としての環境の取り組みをリードします。ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランを通じて、ビジネスの規模を2倍にしながら、2020年までに環境負荷半減を目指しています。

トップに戻る