1. Home
  2. ...
  3. ブランド
  4. リプトン

毎日にはずむ時間とひらめきを。世界100カ国以上で販売されている紅茶ブランドです。

毎日にはずむ時間とひらめきを

世界で最も愛されている紅茶を生んだのは、ひとりの青年の才能と情熱でした。トーマス・リプトンは、スコットランドに生まれ、15歳で単身渡米。帰国後、1871年にグラスゴーに食料品店「リプトン」をオープン。その後しばらくして紅茶を取り扱うようになり、『茶園から直接ティーポットに』のスローガンで紅茶を世界に広め、現在までに世界100カ国以上で親しまれてきた、まさに紅茶の代名詞です。

日本に紅茶が初めて輸入されたのは1906年のことですが、その時にイギリスからやってきたのはリプトンの黄色い缶に入った紅茶でした。1961年には、ティーバッグ製造機械により、国内でのティーバッグの製造がスタート。1962年から発売し、本格的な紅茶が気軽に家庭でも楽しめるブランドとして幅広い層の方々に支持されてきました。2002年には、紅茶のおいしさを最大限にひきだすピラミッド型ティーバッグを日本でも採用。さらにリプトン ティーバッグシリーズには、国際的な非営利環境保護団体レインフォレスト・アライアンス認証茶園の茶葉を100%使用。おいしさはそのままに、厳しい認証基準をクリアした紅茶をご提供することを通じて、環境保全と茶園で働く人々の生活向上にも努めています。

トップに戻る

ユニリーバ とつながる

ユニリーバ と同様に、持続可能な未来に関心をお持ちの皆様とつながりを持ちたいと考えております。

お問い合わせ

ユニリーバ と専門家チームへのお問い合わせ、または世界中の各連絡先はこちら。

お問い合わせ